予備粉砕システム(CKPローラミル、AVMPローラミル)
チューブミルによるクリンカ粉砕において、その前段に竪型粉砕機(CKPローラミル、AVMPローラミル)を設置することにより、エネルギー利用効率をアップさせるシステムです。
予備粉砕システムを導入することにより、セメントクリンカの粉砕量が50~100%アップします。それに伴い、電力原単位低減も可能です。
CKPローラミルは、太平洋セメント株式会社と川崎重工業株式会社が共同開発したもので、AVMPローラミルは太平洋セメント株式会社と弊社が共同開発したものです。
本システムは数多くのセメント工場で増産と省エネルギーに貢献しております。弊社ではお客様のニーズに合わせて最適なものを提供いたします。