お知らせ
2014年07月16日

7,500DWTセメント専用船荷役設備の納入が完了しました

投稿者: 01:42:00 PMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ
弊社は太平洋セメント株式会社様から委託を受けた、7,500DWTセメント専用船荷役設備(ダメージスタビリティー対応船)の設計及び機器調達と据付・性能試験の指導を完了致しました。同船は試運転を終え、2014年6月に造船所殿から船主殿へ引渡しが行われました。
1月の7,500DWTセメント専用船に続き、本年2隻目の新船就航となります。さらに、現在3船の8,500DWT級セメント専用船建造が進行中であり、順次就航の予定です。

タグ: タグなし
お知らせ
2014年07月11日

紙パルプ技術協会殿より佐々木賞を受賞致しました

投稿者: 04:09:00 PMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ
弊社は製紙会社を主たる会員とする紙パルプ技術協会殿より佐々木賞の表彰を受けましたのでお知らせ致します。
今回の表彰は、製紙会社殿の石灰焼成キルンへの省エネ改善対策(セメント焼成技術を利用した石灰キルン用バーナーの導入やキルン運転の効率化コンサルティング)により重油使用量の大幅な削減が達成されたことをご評価頂いたものです。

なお、佐々木賞は紙パルプ技術協会殿より毎年1回、技術開発・研究開発により顕著な成果を収め、紙パルプ業界に貢献した企業、または個人を表彰するものです。
タグ: タグなし
お知らせ
2014年07月07日

平成26年度環境省委託事業 二国間クレジット制度(JCM)実現可能性調査 「セメント焼成工程における農業系バイオマスによる石炭代替」(ラオス)採択

投稿者: 03:42:00 PMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ
平成26年度環境省委託事業 二国間クレジット制度(JCM)実現可能性調査公募に対し弊社は 「セメント焼成工程における農業系バイオマスによる石炭代替」(ラオス)を提案しておりましたが、2014年7月7日、環境省ウェブサイトで採択が発表されました。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18356

提案の内容は、ラオスのセメント製造プロセスに、日本の進んだバイオマス活用技術を取り入れることで、化石燃料消費量を低減させ、温室効果ガス発生量低減を図ることを目的に、調査工場の設備の概略設計を実施、温室効果ガス発生削減量を試算するとともに、JCM方法論案を開発、提案するものです。
調査期間は2015年3月2日までを予定しております。

タグ: タグなし
お知らせ
2014年03月31日

平成25年度環境省委託事業 二国間クレジット制度(JCM)実現可能性調査 「セメント工場の省エネルギー」(モンゴル)

投稿者: 04:54:00 PMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ
モンゴルで現在も稼動している湿式セメント製造プロセスを、日本の進んだ技術を取り入れた乾式に転換することで、化石燃料消費量を低減させ、温室効果ガス発生量低減を図ることを目的に、調査工場の削減量を試算するとともに、JCM方法論案を開発し、報告書を提出しました。
タグ: タグなし
お知らせ
2014年03月24日

Promac Engineering Industries Limited(インド バンガロール市)との間に、2012年12月にJoint Venture Agreementを締結しました。合弁会社Taiheiyo Promac Engineering Private Limitedは2013年4月に現地法人化されました。

投稿者: 09:27:00 AMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ
Joint Venture Agreementは2012年12月11日にインド、バンガロール市にあるPromac社の本社で調印されました。その後インド政府の認可を得て、2013年4月3日に合弁会社が正式に発足しました。両社が所有するノウハウや技術を共有することで今後の更なる国際展開が期待されます。契約の有効期間は3年間で、双方で合意すれば延長できます。
タグ: タグなし
お知らせ
2014年03月19日

独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託による「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(マレーシア)」竣工式開催

投稿者: 08:59:00 AMby Super User |
Super User
Super User はまだ経歴を設定していません
ユーザは現在オフライン
カテゴリ: お知らせ

弊社は、NEDOの委託を受け、マレーシアのエネルギー多消費型産業であるセメント産業において、主な燃料として使用されている石炭の一部を、バイオマス資源等再生可能エネルギーを代替燃料として、燃料の転換を実証するモデル事業を、2008年より開始し、2013年12月に完了しました。

 

2014年3月17日には、本モデル事業の竣工式が、マレーシアのNegeri Sembilan州にある本モデル事業の実施サイトで、弊社委託元であるNEDOとマレーシア政府関係機関を招いて開催されました。

 

また、翌日(3月18日)には、マレーシアのセメント・コンクリート協会主催による本モデル事業の説明会をマレーシアのKuala Lumpur近郊で開催し、マレーシア国内のセメント会社に本モデル事業の技術説明を行いました。

 

 [事業名]      国際エネルギー使用合理化等対策事業

          国際エネルギー消費効率化等モデル事業

          セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(マレーシア)

 [事業期間]   2008年度~2013年度

 [実施サイト] Cement Industries of Malaysia Berhad(CIMA)傘下の

          Negeri Sembilan Cement Industries Sdn. Bhd. Bahau Plant

 

2014年3月17日 竣工式

 

2014年3月18日 技術説明会

 

タグ: タグなし