都市ごみ焼却灰セメント資源化システム(異物選別・灰水洗)
 

家庭から出る都市ごみを清掃工場で焼却した際に発生する焼却残さ[焼却灰(主灰)とばいじん(飛灰)]を、セメントの原料として再資源化するためのシステムです。

本システムでは埋め立て処分されている都市ごみの焼却残さが、セメントの原料として再資源化されるため、ひっ迫している最終処分場の延命化が図れるとともに、石灰石、粘土などの天然資源の使用量削減を通して、循環型社会に貢献します。

太平洋セメント株式会社により開発、実証された本システムは、焼却残さに含まれているセメント原料として望ましくない塩素、異物等を安定かつ安全に除去することが可能です。