太平洋エンジニアリング - 再生骨材製造システム
再生骨材製造システム<TRASS®>

建設リサイクル法の施行により、コンクリート廃材の再資源化が強く求められる時代となりました。

コンクリート廃材は主に路盤材として再利用されていますが、道路新設の縮小や他産業の副産物が競合し、新たな用途開発が望まれています。

大平洋セメントグループでは、このニーズに応えるため、スクリュー磨砕方式による再生骨材製造システムTRASSを開発しました。

※TRASS:Taiheiyo Recycled Aggregate Solution System 

特徴

スクリュー摩砕方式を採用
原料同士の頻繁なすりもみ作用により、表面部のモルタル分を剥離、磨砕し、原骨材を破損することなく良質な骨材が製造されます。

目的に応じて再生骨材の製造が可能
スクリュー磨砕の処理回数の設定が容易で、JIS規格に適合した高品質再生骨材のほか、コストや副産微粉の発生を抑えた骨材(中~低品質)の製造が自由に選択できます。

完全乾式で水処理が不要
乾式による運転が可能で、水処理設備等が不要です。 ※湿式による運転にも対応可能です。

環境にやさしい省エネタイプ
従来のロッドミル、インパクトクラッシャに比較して振動・騒音が少ないほか、モータの負荷が小さいため電力原単位も低減できます。

 
製造フロー

再生骨材の製造システムの一例 

 
太平洋ツインコーン(高度処理機)