TSDS(下水汚泥乾燥システム)

近年日本の下水道普及率の増加に伴い下水汚泥の発生量も増加しています。しかし現在、この下水汚泥のうちセメント原料化されているのは23%に過ぎません。

そこで太平洋セメントグループでは、資源再利用という社会的ニーズに応えるため、「下水汚泥乾燥システム」を開発しました。

本システムはキルン系プレヒータ熱ガスを利用して、事前に下水汚泥を乾燥することにより既設キルンに改造を加えることなく下水汚泥をセメント原料化するものです。

※TSDS:Taiheiyo Sludge Drying System 

特徴

設置スペースが少ない
乾燥装置には設置スペースが少ない直接乾燥方式の高効率破砕乾燥装置を採用しました。また、乾燥装置は構造が簡単でメンテナンスが容易です。

シンプルな機器構成
乾燥熱源の供給および乾燥排ガス処理にプレヒーター系を利用することで、シンプルな機器構成となっています。 このためメンテナンスコストが少なくて済みます。

プレヒーター系熱ガスの利用、排ガス処理設備が不要
プレヒータ系熱ガスを利用することにより、安定した高温ガスの抽気と低酸素濃度ガスにより安全対策を実現しました。 また、乾燥排ガスをプレヒータ系へ戻すことにより、排ガス処理設備が不要です。

キルン操業への影響なし
キルン投入前に下水汚泥を乾燥処理することにより、既設キルンに改造を加えることなく下水汚泥を処理することができます。

設備フロー

設備フローの一例