オートクレーブ (蒸気養生装置)
カタログ(PDF)詳細はこちら
高強度化・経済性・短納期

コンクリート二次製品の高強度化・経済性・短納期を図るために、オートクレーブはなくてはならない装置です。

太平洋式オートクレーブは、ユーザの運転・保守のノウハウを常に製造技術に取り入れ、その使いやすさや安全性、設計の柔軟性などにおいて、使う立場に立ったキメ細かな配慮が、お客様から高い評価を得ています。

特徴

扉の開閉操作が極めて簡単です
扉の開閉機構は、手動油圧・電動油圧駆動が選べます。どちらの場合も、開閉操作は極めて簡単で、作業を短時間に行うことができます。扉の開閉方向には上開き、横開きがあり、設置場所やスペースに応じて開閉方向を決めることができます。 

安全シール方式で、蒸気もれがありません
背圧を利用してパッキングを扉に密着させる完全シール方式ですから、蒸気漏れはまったくありません。パッキングも過酷な蒸気条件に充分耐える、当社独自のオートクレーブ専用のパッキングを採用しており、耐久性も充分です。 

安全性の高い操業ができます
残圧確認弁と扉ロック機能を機械的に連動させて、残圧の有無を確認しないと扉が開放できません。また、扉ロック機構により、扉をロックしないと絶対に昇圧できない構造となっています。このほか、残圧の有無を確認し、自動的に扉を開閉するオート機能の併設も可能です。