ロールフィーダ

セメント原料用竪型ミル内部は負圧が高いため原料供給機に高いシール性が要求されます。現在、主に3段ゲートダンパが使用されていますが、次のような問題があります。

  • ゲートの磨耗によりリーク量増加 
  • ゲートの開閉による騒音、振動の発生 
  • 油もれ、粉もれによる環境の悪化
  • 原料のかみ込みによるミル運転障害


弊社はこれらの問題を解決し、お客様のニーズに沿った信頼性の高い「ロールフィーダ」を提供しています。

特徴
  • マテリアルシールによりリークが減少し、省エネルギーに寄与します。
  • ゲートの開閉騒音、振動がなくなります。
  • 油漏れ、粉もれによる周囲の環境が大幅に改善できます。
  • 構造が簡単で運転中はメンテナンスフリーです。
  • 油圧ポンプが不要なため、使用電力が大幅に低減できます。
  • コントロールゲートの開度制御とロール回転数の調整により原料の安定供給ができます。